第66話 プロレスで楽しめ。学べ。そして感じろ。

毎度です〜。アモイです。
皆さんお疲れ様です^ ^

たった今、新日本プロレス大阪城ホール大会をWORLDで観戦しました。

いや〜、やりましたね。鷹木慎吾選手が獲りました。IWGP世界ヘビー級のベルト!

試合前のインタビューで感じた事ですが、(タイトルマッチに)否定と皮肉から入ったオカダ選手。前向きに、リスペクトから入った鷹木選手。気持ち的にこの差が出たのかなと個人的に勝手に思っております。

オカダ選手は病み上がりもあって少し調子が悪かったのかなとも感じました。いつも技と技の合間に身体を叩きながら「後楽園〜!」とか「大阪城〜!」等とその会場がある地名を叫ぶのですが、それが無かった。腰も本調子では無いみたいですし。

彼は絶対に言い訳はしないでしょうけど観ていて辛そうでしたね。

僕は鷹木選手推しでしたので嬉しかったです。最近は全体的に湿っぽい感じだったのでこれから色々とやってくれそうな予感です。今後の展開も楽しみになってきましたしね。

最後のバックステージで鷹木選手は「トップ中のトップに全身突っ込むか、弾き出されるかは自分次第だ」と。
一度負け、谷底に突き落とされた漢の言葉が突き刺さります。

単純な言葉ですが今の若い世代、特に我が社のボーっとしている社員に聞かせてやりたい。そして言ってやりたい。

「鷹木慎吾の試合を観ろ!」

僕も歳を取ってプロレスの観方も変わって来ています。技や駆け引き等もそうなんですが、その人の言動、振舞いなんかから勝手ですが色々考えます。

「今の自分はどうやろ?」「あぁ、コレは自分に言われている気がするわ」とか、単純に「スゲー試合やったな。ヨシ!明日から頑張ろ!」なんて事もあります。

やっぱり好きな選手の言葉は刺さりますよね。

プロレスを知らない人からすると何?ってなりますけど僕は[プロレスは人生の縮図]だと感じております。

今、会社でちょっとした(イヤ、結構デカいか)トラブルが幾つか発生しています。それもあって少し思った事を書いてみました。

訳わからんかったらゴメンなさい!

まあ、好きな事は普通に素直に楽しめば良いので。
プロレス観た事無い人でも鷹木慎吾選手や棚橋弘至選手の試合を観れば何か感じて貰えるかと思います。

https://youtu.be/eDgZ29-tHX4

https://youtu.be/iHqsdbcplSg
(上下 新日本プロレス株式会社YouTube)から

とにかく、今日は良かった!おめでとう!!鷹木慎吾!!!